セラミックによる自然な色の被せ物(審美的修復)

美しさは口元から

審美歯科は、一般的な保険治療では行えない審美性(美しさ)を提供する治療です。
一般的な保険診療では、むし歯の治療を行うと削ったところや欠けているところに銀色やプラスチックの詰め物をします。
保険治療での目的は「機能の回復」という視点の治療であるため、どうしても「見た目の美しさ」で満足のいく治療を受けることはできません。
それに対し、審美歯科は、機能的回復に加え、「見た目の美しさ」も満たす治療を行いますので、「むし歯治療の痕が気になる」、「むし歯を治療したいが、きれいに治したい」という方に最適の治療です。

保険が適用できないケース

  1. 治療目的以外の処置
  2. 高価な材料を使う場合

一般的に、治療目的以外の処置には保険が効きません。
治療目的以外の処置とは、予防目的のもの、美容のみを目的としたもの、などのことです。

いくらかむのに不自由は無くても、歯が変色していたり、銀歯が笑うと見えたりするのは嫌ではありませんか?審美歯科の技術で綺麗な口元を取り戻し、素敵な笑顔になれます。

適切な材料と丁寧な治療でより自然で美しい歯に

保険治療は単純に歯を詰める、被せるが優先され、残念ながら見た目の美しさは考慮されていません。特に奥歯の被せる治療については基本的には銀色の金属しか使用できません。どうしても口元は暗くなります。前歯の被せる治療には保険でも白い材料を使用することが可能です。しかし、色が合わない、材料の変色、歯茎の際が金属色が透けて見えるなどの難点があります。
より天然の歯に近い自然な仕上がりや、耐久性を求める場合は質の高い材料と丁寧な治療時間をかけた審美歯科治療がやはり有利です。

どのような治療方法があるのか

被せる範囲、必要とされる強度、色合いの自然さなどを考慮しながら治療方法を決めています。その際には患者さんに口の中を一緒に確認しながら行っています。

e-maxクラウン(オールセラミック)
二ケイ酸リチウムのガラスセラミックで透明性が高く、自然感のある色合いの再現ができます。前歯、小臼歯を美しく作りたいときに最適です。
フルジルコニアクラウン(オールセラミック)
強度の非常に強いジルコニアを削り出しと焼成で作製する最新の方法です。大規模なブリッジや大臼歯に適しています。最新の素材では色調も改善されてきています。
セラミックインレー(e-max フルジルコニア)
部分的に歯を削ってはめ込む形のセラミックです。

きれいなむし歯治療

e-max クラウン インレー

審美性の高い二ケイ酸リチウムのガラスセラミック。歯を削って被せたり(クラウン)嵌め込んだりして(インレー)形を回復する。透明性が高いために最も自然な色調が得られる。強度がやや低いために大きな力が加わる場合には、まれに破折する場合がある。

e-max フルジルコニア

金属を使った詰め物を入れた経験のある方は多いのではないでしょうか?かつての保険での治療は銀色の詰め物(パラジウム)が一般的でした。現在はレジンが中心になっており、品質は大きく向上していますが、仕上がりの美しさと耐久性ではセラミックスにはまだ及びません。

フルジルコニア クラウン インレー

セラミックでは最も強度の高いジルコニアを削り出しおよび焼成で作製したもの。歯をけずって被せたり(クラウン)嵌め込んだりして(インレー)形態を回復する。大きな力が加わるブリッジや大臼歯のケースに適している。透明感がやや乏しいため色調が合わせにくい欠点があったが、最近は透明性の高い色調的に有利なものも開発されてきている。

ゴールド クラウン インレー

20Kあるいは白金加金を使用した被せ物(クラウン)や嵌め込み物(インレー)。伸びがあり適度な柔らかさがあるので、歯との適合性や噛んだ時の噛み心地などの物理的な特性は最も優れている。その反面金属色がやや目立つので審美性を重視するケースではあまり使用されない傾向がある。

ファイバーコアー

グラスファイバーの芯を接着性素材で植立する形の支台築造の方法。メタルなどの他の素材に比べて咬合時の歯根に加わる応力が最も悪影響が少ないというデータが示されている。接着操作を厳密に行う必要性があり、その点がやや煩雑である。

プロビジョナルクラウン

レジン(プラスチック)で作製した治療用の一時的な被せ物(クラウン)。あくまで暫定的な使用が原則である。長期的な強度は保証されていない。硬いものを噛んだりすると破損や脱落の危険は常時あるので患者さんへの周知が必要である。

パラジウムクラウン

金銀パラジウム合金での被せ物(クラウン)。20Kや白金加金の代替材料として使用されている。伸びや噛んだ時の噛み心地、見た目の自然観(黒っぽい銀色)などいずれの点でもゴールドには劣る。

セラミックやジルコニアなどを用いた補綴治療のリスクや副作用について

  • 治療に際し、天然の歯を削る場合があります。
  • 個人差はありますが、経年劣化や他の要因から素材が欠けるもしくは壊れる可能性があります。
  • むし歯や歯の根の治療などの処置を前もって行う場合があります。
  • 咬む力が強く、素材の強度をもってしても破損の可能性がある場合はマウスピースの装着など別の対応についてご説明する可能性があります。

未承認医薬品、医療機器等を用いた治療の有無

セラミックやジルコニアなどを用いた補綴治療において日本国内で承認されていない未承認医薬品、医療機器等を使用しておりません。